整骨院による交通事故の治療

病室

整骨院は、国家資格を保有する柔道整復師が営む治療院です。柔道整復師は、主に外傷など急性症状の際に力を発揮します。それは、手技による非観血な療法によって患者を治療いくのです。そのため、交通事故によるむち打ちの後遺症の不調を診ることが可能です。整骨院の治療には、健康保険が使えます。
その対応として、主に外傷性の捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼があります。これにより、交通事故にも対応できます。

後遺症のような長期間の治療が必要な場合では、整骨院の健康保険による交通事故治療により負担を軽くすることができます。

整体による交通事故の治療
 整体は、日本古来から来る手技療法もあれば、西洋のカイロプラクティックやオステオパシー、中国の推拿など多様な種類の療法があります。これら整体は、民間資格です。そのため、幅広い手技による治療があるため、医療機関を受診しても疾患が分からない場合の不定愁訴に対応します。

整体は、身体の筋肉や骨格の歪みを正すことで本来の機能を回復させる作用があります。そのため、交通事故によるむち打ちの後遺症には、根本から施術し回復させることができるのです。

交通事故治療
交通事故のけがといえば、頸椎捻挫つまりむち打ちや腰椎(腰)ねんざなどが代表的なものです。
骨折などであればレントゲンにはっきりと写るために、整形外科でもきちんと治療をしてもらえるのですが、ねん挫などのレントゲンに写りにくい靭帯や筋肉の損傷では、適切な診断を受けれらないこともあります。
その結果その後の長い期間にわたって、後遺症に悩むことにもつながります。

このようなレントゲンに移らないケガに関しては、整骨院での整体を使った交通事故治療が効果的です。

交通事故で整骨院へ行く
まず最初に大きなけがなどがないか、整形外科などできちんと診断を受ける必要がまずあります。
しかし、最初に通った病院に最後まで通い続けなければならないという決まりはありません。
保険会社のほうに、整骨院でのリハビリもしくは治療を受けたいと連絡すれば整骨院での整体治療を受けることができます。

もし外科的な治療の必要な怪我がなければ、できるだけ早い段階で交通事故治療を受け付けている整骨院へ変えることが大切です。

交通事故にあった場合

注射

交通事故でケガを負ってしまった場合には、救急車で近場の整形外科等に運び込まれるようになるケースが多いです。事故直後は精神的なショックのために痛みを感じないという人も少なくありませんが、たとえ目に見える外傷ができていなくてもケガをしている可能性は十分にあります。

後になってから骨折や脱臼の痛みが出てくるおそれがありますので、事故直後にしっかりと診察してもらうことが大切です。交通事故治療の場合は、特に早期に適切な治療を行うことがとても重要だと言われています。

整形外科と整骨院
 一般的な整形外科で行われる交通事故治療は、西洋医学の観点に立った対症療法が中心となります。レントゲンやCT、MRIなどが用いられて原因が特定され、その上で適切な治療が施されるようになるのが普通です。
しかし、交通事故治療の厄介なところは、レントゲン検査等の所見では異常が確認されないにも関わらず、症状が発生してしまうケースが多い点にあります。

そのような場合に活用することができるのが、東洋医学を取り入れた交通事故治療が可能である整骨院です。

交通事故は突然起こる
 交通事故は、ある日突然起こります。それは、人と自転車や自動車、バイクといった人と車両による事故が当てはまります。

さらに、そこに車両同士の事故も該当するでしょう。そういった現象が、不意に交通機関で発生した時、身体に受けるダメージは奥深いものです。
なぜなら、事故後、何気なく過ごしていても、後から様々な不調が生じて平穏な毎日が崩れてしまう後遺症が発生する可能性があるからです。
そんな、様々な不定愁訴に悩む方を回復へ導いてくれる場所が整体院と整骨院なのです。

オススメリンク

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ